肩こりの原因

「肩こりは日本人独自のもので、欧米人は肩こりしない」と聞いた事があります。これは、日本人の姿勢が悪く、その姿勢の悪さが原因で肩こりになるということらしいのですが、全く根拠のない話です。

そもそも肩こりは、人間が二足歩行し始めた宿命であると言われています。思い頭を、細い首で支えるには非常に負担がかかります。人間にはこの重い頭を支えるために僧帽筋という大きな筋肉が肩の周りにありますが、この筋肉がこわばったりするのが肩こりです。つまり、人間である以上肩こりは誰もが体験するものなのです。

では何故、欧米人は肩こりしない、などという話がでるのでしょうか?それは、日本語の肩こりというように、肩だけに関係する症状としての名称がないからです。さらに、西洋医学では「こり」は症状として、病気に関係するものとして認識されていないので、重要視されていないのです。背中全体のこりなどには表現はあるようですが、日本のように肩だけにかぎった表現がないので、「欧米人は肩こりしない」という誤解を生んだようです。

肩こりがどのようにして起こるかというと、筋肉は常に緊張と弛緩を繰り返してうごいています。常に酸素と栄養が血液に運ばれなければ、この運動はスムーズにおこなえません。なんらかの原因で、これが上手く運ばれなくなると、筋肉に乳酸などの老廃物が蓄積して、こりや痛みが発生するのです。

肩こりの原因は、正確にはまだ分かっていません。とにかく血行を良くすることが症状を改善する近道です。肩こりの度合いによって治療法も様々ですが、日本人に限らず姿勢を良くすることは大切かもしれませんね。

関連記事